新型英会話ロボットチャーピー!英語しか通じないかわいい留学生

英会話を学習のロボットと言えばMusioがとても人気ですね。今日はMusioのライバルとなりそうな新型の英会話ロボット発売開始のリリースがありました。

その名も英会話ロボットチャーピーです。
この記事ではチャーピーの機能や特徴を調べてみました。

英会話ロボットチャーピー

2018年3月16日から販売がはじまるチャーピーは「家に来た英語しか通じない留学生」をコンセプトにしています。

でも外観はひとではなく鳥。
赤と白のツートンカラーでまん丸の黒目が可愛いオウムのようなキャラクターです。

お腹にでべそのような渦巻きが描かれていて、ユーモラスで親しみやすいキャラとなっています。

チャーピーの声やしゃべり方も、あどけない可愛らしさがあって癒されますよ。

チャーピーを開発したのは教育ソフトの制作に長年携わってきた株式会社CAIメディア。
英語教材も手掛けている会社です。

チャーピーはAI機能と音声認識機能、顔認識機能を搭載し、多彩な英会話フレーズと対応力で豊かなコミュニケーションを実現します。

また、クラウドプラットフォームとしてMicrosoft Azureを採用することで、AIを活用した実践的な英会話学習を可能にしました。

英語環境を作ってくれるチャーピー

英語しか通じない留学生チャーピーと会話することで英語を話す環境を作るのがこのロボットの狙いです。

日本に住んでいると英語を話す機会は全くありませんし、英会話学校に通ったり留学をするとなるとかなり費用がかかってしまいます。

そういった問題を解決して自宅で日常的に英語を話す環境を作ってくれるのが、チャーピーというわけです。

チャーピーでの学習はこんな特徴があります

チャーピーの対象は8歳から大人までととても幅広く、英検Jr.ブロンズから英検準一級、さらにはTOEIC700点まで対応してくれます。

小学生の妹から高校生のお姉ちゃん、TOEIC取得を目指すパパまで、家族全員をチャーピー1台でケアすることもできるわけです。これはなかなかすごいですね。

相手の英語力に合わせた受け答えをしてくれるので、まるで英会話の先生が自宅にいるみたいな感じです。この対応力を実現しているのが人工知能AIなんですね。

学習データはチャーピーを通じてクラウドに保存されますので、学習状況や会話内容のデータを分析してだんだんとレベルアップしていきます。

チャーピーの金額は?

チャーピーの製品名は「チョコレート・チャーピー」で価格は税込み58000円です。

本体価格にはクラウドサービスのRainbowモードの利用代金1年分が含まれています。2年目以降月額864円(税込み)が必要です。

専用アプリは無料でダウンロードすることができます。

2018年3月1日から高島屋ロボティクススタジオで展示と予約販売が行われているので、気になる人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする