ストームトルーパーが我が家にやってくる!家庭用ロボットの発売が発表


人気映画スターウォーズでおなじみとなっている銀河帝国軍の起動歩兵ストームトルーパーを模した家庭用ロボットの発売が発表されました。

スターウォーズファンなら見逃すことのできないこのニュース、どんなロボットなのか、価格はいくらなのか、調べてみました。

First Order Stormtrooper

今回発売が発表されたロボットは「First Order Stormtrooper」という名前です。

モデルは映画作品「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に登場するファースト・オーダーのストームトルーパーです。

ストームトルーパーのロボットと聞くと等身大のいかついロボットを想像してしまったのですが、そうではなく、3頭身の丸みを帯びたかわいいフォルムのロボットです。

First Order Stormtrooperでできること

いわゆるコミュニケーションロボットになります。

声で操作が出来、顔認識機能で人の顔を覚えて人ぞれぞれに異なる反応を返します。

同時に4人まで登録できるので、家族の顔をそれぞれ認識させることが可能。

おもしろいのが巡回パトロール機能で、指定したエリアを巡回させ、侵入者を捜索させることができます。遠隔操作のボイスコマンドで侵入者と対決するか排除するか命令することもできます。

忠実な門番キャラが反映されていておもしろいですね。顔認識機能に登録されていない人が来ると警報を発してくるそうなので、来客が来たら忠実に警報を鳴らしてくれるはずです。

他にはAR体験機能があり、ストームトルーパーを指揮してレジスタンスと対決することが出来ます。

ストームトルーパーの視点はARコンバットカメラで確認することができます。ミッションエリアをリアルに世界に重ねてAR表示するAR没入体験が可能です。

自分で命令を下してストームトルーパーを操ることができるのはなかなか面白そうですよね。

専用アプリはiOS,Androidsに対応。話す言葉や動作をプログラミングしたりカスタマイズすることも可能です。

スターウォーズファンならかなり興奮してしまうのではないでしょうか。

First Order Stormtrooperの値段と発売時期

価格は39800円(税別)で、2017年12月15日に予約の受付が開始されます。

発売は2018年の1月中の予定ということで、予約しても延々と何か月も待たされることもなさそうなのは嬉しいですね。

取り扱い販売店は以下の通り
ビックカメラ ヨドバシカメラ 三越伊勢丹 AEON TSUTAYA家電 ツクモ電機 Amazon DMM.make ROBOTS

このロボットを開発したのは中国のUBTECH Roboticsです。
このブログでは過去に教育系ロボットの開発会社としてご紹介したことがあります。

Jimu Robotは親子でチャレンジできる本格的な組み立てロボット!
ロボット教室が花盛りですが、ヒューマンアカデミーとレゴのほかに選択肢が少ないなぁと悩んでいる親御さんにもチェックしてほしいのがJimu ...
タブレットでプログラミングするロボットの教育キットが発売開始
教育用のプログラミングキットがまた新たに登場しました。 サンワサプライが発売する「UBTECH Jimu robot MINI K...

予約はUBTECH社のWEBサイトで受付予定です。
10日現在ではメールアドレスを登録できるようになっていますので、気になる方はチェックしておきましょう。
ubtrobot.starwarsrobots.com