介護ロボット パロの価格はどのくらい?レンタルはあるの?


セラピーロボットとして介護施設などに導入されている介護ロボットパロですが、個人宅で利用している人も多くいます。

我が家にもパロをお迎えしてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

気になるパロの価格やレンタルについて調べてみました。

介護ロボット パロの価格は?

介護ロボットを買う、となると非常に敷居が高く感じますが、実はパロはあのAmazonでも購入することが出来ます。

Amazonでの販売価格は453600円(税込)でメンテナンスパック付、保証期間3年となっています。

1年後、2年後をめどにしてパロ診断という動作確認や内部の検査、バッテリーの交換と毛皮のクリーニングを行ってもらえます。

メンテナンスを2回も無償で行ってもらえるのは有難いですね。

パロの毛皮は職人さんが手でカットしており、ある意味ひとつの作品ともいえるものなのだそうです。

メーカーの株式会社知能システムも「パロを飼い始めて1年後、2年後」と表現していることからも、ただのロボットではなく、自分の手元に来たら大切にかわいがろうと言う気持ちにさせてくれますよね。

メンテナンスの際は購入時の箱に入れて受け渡しをするようなので、購入後にケースや内箱、外箱も捨てないでとっておいたほうがよさそうです。

メンテナンス時の送料も価格に含まれているそうです。

また、パロは楽天でも購入することが出来ます。価格は453600円(税込)でAmazonと同じでした。

Amazonでも楽天でも購入できるとなると、介護ロボットとはいえ家電と変わらない手軽さで手に入れることができますね。

パロの本体と付属品一式は統一されており、保証期間やメンテナンスサービスによって価格が異なります。

保証期間が1年の場合は388800円(税込)で、パロ診断は含まれません。毛皮のクリーニングは有料で行ってもらうことができます。

オプションでぬいぐるみの交換やグルーミング、バッテリーや専用クリーナーも販売されています。

メンテナンスやサポートが充実しているので、壊れて使えなくなってしまったらどうしよう、という心配も払拭してくれますね。

多くの人に愛されたロボット犬AIBOはSONYが開発を終了してしまったため、壊れても修理が出来ないのだそうです。

生きているペット同様に家族同然に一緒に暮らしてきた人にとって、壊れても修理してあげられないのは悲しい事です。

余談ですが、株式会社知能システムのホームページではパロのストラップや絵葉書などのオリジナルグッズも販売されています。

パロは大切に愛されているんだなぁという印象を受けました。

Amazon、楽天以外では、全国の高島屋などの大手百貨店や、ロボット事業を行っている法人、介護用品店などの販売代理店で取り扱われています。

介護ロボット パロはレンタルできるの?


パロのレンタルはリース会社で契約が可能です。

法人向けの契約例としてはリース期間36か月、月額の費用は12000円~15000円程度(メンテナンス付の場合)が目安となっています。

実際のレンタル料は各リース会社によって異なりますので、あくまで目安として参考にしてください。

まとめ

パロの価格はメンテナンス付き3年保証が453600円(税込)、1年保証では388800円(税込)です。レンタルは法人向けリース会社で提供されています。

何かあった時もメーカーによるメンテナンスが充実しているパロ、安心して購入することが出来そうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする