OHaNASとは?スマホと連携で使う格安ロボットの機能とは?


OHaNAS(オハナス)とは、おもちゃで有名なタカラトミー社が開発したロボットです。

直径20センチくらいの、白くて丸いボールのようなボディで、大きな目の光る、可愛らしいデザインです。

耳のようなパーツが有り、タカラトミーによれば、羊をモチーフにしているそうです。

Ohanasってどんなロボット?

OHaNASは、名前からも想像しやすいですが、人間と話をすることを得意としています。

「おはなし」に「花が咲く」ということから名づけられたそうです。

OHaNASは、ただ会話を理解するだけでなく、自分から話しかけてくるなど、会話を積極的に行えるようになっています。

話し相手のことを覚えていて、誕生日をお祝いしてくれたり、季節や時間帯で話すことが変わるなど、その時々合わせた話題を話せるようになっています。

また、ただの会話だけでなくしりとりや、俳句づくりなど、言葉を使った遊びの相手もしてくれたり、音楽を再生したりもできるので、気分転換にも良いでしょう。

会話だけでなく、OHaNASをなでたり、だっこすることでも、OHaNASと仲良くなれます。

また、スマートフォンやタブレットに専用のアプリを入れて、OHaNASと通信することが出来ます。

例えば、OHaNASと会話した内容は、アプリによって、文字情報として見返す事ができるようになっています。

この機能が真価を発揮するのは、OHaNASの「検索」の機能でしょう。

OHaNASはインターネットと接続することができ、使う人の「●●ってどういう意味?」というような質問を、OHaNASが調べて、答えてくれるという機能があります。

例えば、該当するwikipediaの記事を検索してきて、説明を読み上げてくれたりします。簡単な調べ物を手伝ってくれて、便利に使えるでしょう。

しかし、OHaNASがしゃべったことをもう一度聞きたい、情報源のページをちゃんと調べたいということもあると思います。

その時、アプリで、OHaNASとの会話記録を見れば、参照元のページをスマホやタブレットで見に行くことができるのです。

このように、スマホやタブレットとうまく連携することで、更に賢く使えるようになっています。

また、OHaNASの、もう1つの大きな長所は、とにかく安い、ということです。税抜19800円という、ロボットの中では破格の低価格を実現しています。

これは、シンプルなデザインであることと、長い歴史のある大手玩具メーカーだからこその、洗練された生産技術によるものでしょう。

手軽な値段で、OHaNASと会話を楽しんだり、ちょっとした調べ物を手伝ってもらったりという生活が、すぐにでも実現できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする