pepperくんをレンタルできる?気軽に利用できる方法はあるの?


ソフトバンク社が開発したロボット「pepper」くんは、ソフトバンクの携帯電話ショップの店頭に置かれていて、ご覧になったことのある方も多いと思います。

身振り手振りや、お客さんとの会話・タッチパネルの画面表示で、サービスの案内などをしています。ソフトバンク以外の企業などでも使われていて、販売も行われています。

しかし、いざ購入するとなると、なかなかハードルが高いのが現実です。

pepperくんを気軽にレンタルすることはできるのか?

現在、pepperくんの一般販売モデルは、本体価格が198,000円と、割合と安いように思えますが、その他、毎月25,000円ほどの料金が36ヶ月間かかるので、総額ではちょっと気軽には手を出しづらい値段になってしまっています。

新たな分野で、まだまだ大量に生産するようなものではないと思われますので、高いのは仕方ないのですが、もう少し気軽に使ってみたいところではあります。

そこで調べてみると、レンタルでの利用も出来るようです。ソフトバンクが提供している法人向けのレンタルプランでは、月額55,000円でのレンタルプランが提供されています。

しかしながら、ソフトバンクのプレスリリースによれば、36ヶ月の継続利用が必要で総額は198万円になるほか、期間終了後はレンタルですからpepperくんを返却する必要があるなど、これもまた、利用しやすいとも言いづらいように思われます。

法人向けですので、企業などで使いやすくするためのサービスとのセット料金である上に、月々の利用額がこの程度に抑えられるならば利用しやすいのかもしれませんが、それでもハードルは低いとは言えないでしょう。

pepperくんの1日レンタルサービス

もっと利用しやすい方法として、短期間、1日だけ等のレンタルサービスを行っている会社もあるようです。

ある1日だけのイベントや、週末だけ使いたい、等のニーズに合わせられます。料金も、約1万5千円からあるようで、かなり利用しやすくなっています。

レンタル会社によっては、使いたい場面に合わせた独自のアプリ開発も同時に提供しているようで、ますます便利に使えそうです。

歌に合わせて動いたり、司会者との掛け合いや漫才のプログラミングもできるそうです。pepperくんを1日レンタルでイベントに呼んだりすると、とても盛り上がるのではないでしょうか。

pepperくんを結婚式に呼ぶと、ゲストをお迎えしてくれたり、内蔵カメラで写真を撮ってくれたりおもてなしをしてくれるんだとか。これはゲストの方も大喜びですね。

まとめ

ソフトバンク社の自社サービスと比べて、保証規定などがどうなっているか等については注意が必要だと思われますが、レンタルが気軽に出来ることで、pepperくんを活用する機会は大きく広がったと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする