Google homeとは何ができるの?日本語で使える?


Google home」とは、検索エンジンやAndroidスマホなどでおなじみの、google社が生み出したマシンです。

「アシスタント」といわれるもので、人工知能と音声認識などの能力を使って、使う人のちょっとした作業を助けてくれる機能を持っています。

机の隅などに置いておける、非常にシンプルな形をしています。

スピーカーとしても使えるようですが、声や、スマホの専用アプリで、質問や命令を発信することで、google homeがそれに応えて動いてくれる、というものです。

google homeで何ができるの?

ニュースを教えてくれたり、質問すると検索をして結果を教えてくれたりします。

「Homeハブ」などとも呼ばれ、家の中の家電製品などをコントロールするための管理装置のような働きができることが予定されているようです。

「スマートホーム」などと呼ばれていますが、現在、インターネット回線やBluetoothなどを使って、家電製品をコンピュータ、スマホなどでコントロールすることが徐々に出来るようになってきています。

Google homeは、その中心になることを目指しているのでしょう。

Google homeは、同じようなサービスとして先に発売された、「Amazon echo」に対抗して作られたもので、最初は機能の面でechoに負けている部分もあったようです。

しかし、さすがソフトウエアを専門にしているgoogleのこと、機能がどんどんアップデートされて便利になっています。

最近の更新では、ピザの注文が出来るようになったり、Netflixという動画配信サービスから見たい動画を再生してくれたり、巻き戻したり字幕を出したりすることを、声でgoogle homeに指示すればやってくれるようになったそうです。

基本的にはgoogle homeを操作するときは声で話しかければよいようですが、上手く聞き取ってくれなかったり、本体のスピーカーで音楽などを流していて声が届きにくいときは、本体のタッチセンサーを使ったり、専用のアプリで操作することが出来ます。

Google homeの価格は?日本語で使えるの?

Google homeは、現在のところ、研究者向けを除いては、日本で一般販売はされていないようです。

アメリカでは129ドル(15000円程度)で購入でき、日本に配送してくれる販売店もあるようです。

ちなみに、対抗製品のAmazon echoより5000円ほど安い価格設定になっています。

ただし、日本語には未対応のようなので、ご注意下さい。

Google homeの強みとは?

Amazon echoと機能面でも価格面でも競争しているgoogle homeですが、googleの強みの1つは、すでに他のハードウエアを普及させていることです。

例えば、googleのソフトウエアを使った、Androidのスマホや、テレビにつながるchromecastなどと連携して、スマホとテレビをgoogle homeでつなぐ、というようなことが容易になっています。

また、スマホで日々使われ、進化に磨きがかかっている音声認識や、人の質問の意味を理解する機能は、検索サービスを持つgoogleならではの強みと言えるでしょう。

そうやって、人の言葉や、やりたいことを理解する能力が高まれば、それをgoogle homeに反映させることができます、圧倒的とも言える進化の可能性が、google homeの何よりの強みと言えそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする