今流行りのロボット教室って何をするの?値段は?


男の子のいる親御さんなら一度は気になるのがロボット教室ではないでしょうか。

日本ではプログラマーの数が圧倒的に足りないと言われており、将来的にはプログラミングが学校の授業で教えられるようになるとも言われています。

理系への進学や、将来の職業の選択肢として需要の高そうなプログラマーを考えると、少しでも頭の柔らかい小さいうちから触れておいた方が有利だと考えるのも当然のことです。

この記事では、お子さんの習い事としてロボット教室を考えている方へ、ロボット教室でどんなことをするのか、また値段はどのくらいなのかについてお伝えしていきます。

ロボット教室とは?

ロボット教室では実際にモーターやギアを使った動力で動くロボット作ります。

男の子は車や電車のおもちゃが大好きですよね。もちろんロボットも大好きです。

自分が大好きなロボットを作るために手を使い、頭を使い、試行錯誤していくうちに集中力ややりとげる力、創造力といった感性を養っていくことができるのがロボット教室です。

ロボットを自分の手で作り上げていく過程では、摩擦やてこの原理などを体感しながら理解していくことが出来ます。

ただの知識ではなく、生きた知識と経験として身につき、理科や化学、物理への好奇心を養っていきます。

ロボット教室は全国にあり、カリキュラムの内容はそれぞれの教室で異なっています。

なかにはレゴを使ってロボットを作る教室もあるんです。お子さんの大好きなレゴで夢中になっている間に、理数系の素養がつくとしたら親としては嬉しい限りですよね。

ロボット作りを通じて子供たちは忍耐力や発想力のほかにも、論理的思考を深めていきます。

ロボット製作には図形を理解する必要があることから、空間認識能力も自然と育まれます。

理数系に興味がないお子さんでも楽しみながら参加できて、自然と考える力がついていきます。

ロボット教室の値段はどのくらいするの?

魅力的なロボット教室なのですが、保護者の方が気になるのがその費用ではないでしょうか。ロボット教室の値段の相場を調べてみました。

一般的な相場はこのくらいです。上記以外に、教室によってはテキスト代やシステム料がかかったりします。

月額の授業料はどこも1万円程度で共通していますが、入会金と教材費は教室によって幅があり、いずれにしても結構な出費になりますよね。

高額な入会金を払ったのに、途中で嫌になってしまったり、お子さんに向いていなくて通えなくなってしまったりするのは避けたいところです。

そこで、教室によっては無料の体験教室を開催しているので、お子さんを参加させてみるのがおすすめです。

先生や他のお子さんの雰囲気も保護者としても気になるところですので、親子でお試し体験に参加してみましょう。

まとめ

ロボット教室は値段が高い、と感じるご家庭がほとんどだと思います。お子さんが飽きてしまわないかどうかも心配ですよね。

でも、やりたいというならなるべくやらせてあげたいと思うのが親心。

実際に体験講座へ足を運んでみて、お子さんの反応も見ながら決めるとよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする