下肢のリハビリロボットにはどんなものがあるの?


病気や事故などで下肢の麻痺が起きた時、リハビリでいくらか回復できるとわかっていても、今までと同じような生活が出来るようになるのか、不安になりますよね。

現在はリハビリ支援ロボットが次々と開発され、導入している施設も増えつつあります。

リハビリロボットという新たな選択肢があることは明るいニュースですよね。

具体的に下肢のリハビリロボットにはどのようなものがあるのか調べてみました。

下肢のリハビリロボット

2018年2月現在でリハビリテーション病院などに導入実績のあるロボットを調べました。

ロボットスーツHAL医療用(下肢タイプ)

CYBERDYNE社のHALのなかでも下肢に特化したタイプになります。

こちらは神経・筋難病疾患での歩行改善に使用されます。

ロボットスーツHAL福祉用(下肢タイプ)

同じくCYBERDYNE社のHALの製品で、身体機能の改善促進のために使用されます。

自分の脚で歩く、立つ、座ると言った日常的な動作の向上を目的としています。

CoCoroe AAD足首アシスト装置

CoCoroeは医療・福祉機器を開発する安川電機が提供しているリハビリ支援装置のブランドです。

歩行時の脚関節の底屈、背屈をアシストします。

これまで介助者が手わざで介入することのできなかった足関節へアプローチすることが出来ます。

CoCoroe下肢用リハビリ装置LR2

リハビリには根気のいる反復運動が欠かせません。

その反復動作を持久力のある装置が行うことで、理学療法士による心へ届く支援を可能にしました。

トヨタ ウェルウォーク WW-1000

トヨタ自動車による歩行リハビリテーション支援ロボット。

運動学習理論に基づいて自立歩行のためのリハビリを支援するためのロボットです。

密着型歩行補助装置Re-Gait(リゲイト)

脳卒中後の片麻痺の人の歩行をアシストする目的で開発されました。

企画・監修は早稲田大学大学院、広島大学大学院で、株式会社オリジンが提供しています。

リハビリテーション施設でも導入されています。

歩行支援タイプの装置

厳密にはリハビリ目的で使用されるものと、歩行支援の装置は同義ではありません。

あくまで、こういったものもあるという紹介の意味で掲載します。

CoCoroe脊髄損傷者用歩行アシスト装置ReWalk

脊髄損傷によって車いすの生活を余儀なくされている方のために自分の脚で歩くことを実現するための歩行アシスト装置です。

トヨタ 歩行支援ロボット

下肢麻痺で片足がマヒした人がより自然な歩行ができるようにアシストするロボット。

足に装着するウェアラブルタイプ。

歩行支援機ACSIVE(アクシブ)

電動車いすや義足を扱う今仙技術研究所が開発した装着タイプの歩行支援装置。

歩行が弱った人の脚の振り出しをアシストします。

無動力歩行アシストalq(アルク)

今仙技術研究所の親会社である今仙電機製作所が発売した歩行アシスト装置。

軽量なポータブルタイプで簡単に装着できます。

*リハビリ目的では使用できません

まとめ

下肢のリハビリロボットについて調べてみました。

リハビリ目的で使用されるロボットと、日常生活の動作をアシストするための装置は厳密には目的が違うもののようです。

リハビリロボット、歩行支援ロボットと検索すると検索結果に出てきますので、今回は羅列してご紹介しました。

リハビリ施設を退院して自宅での生活が始まったときにも、歩行支援装置を使うことでより生活しやすくなるのかもしれません。

様々な新しい装置が開発されていますので、積極的に情報収集をして納得のいくリハビリを受けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする