ロビとは?人間とロボットの新しい未来の懸け橋となる小さなロボットの魅力


ロビ(Robi)、というのは、ロボットクリエーターの高橋智隆氏が開発した、小型のロボットのことです。身長34cm、体重1kgほどの人型で、目が大きく、丸みを帯びた可愛らしい形をしています。

ロボット ロビの魅力

ロビは、二足歩行したり踊るような運動能力を持っている上、人間の言葉を理解して、会話することや、歌うことが出来ます。

小さなボディも相まって、小さなパートナーとして、持ち運んで、いろいろな場所でロビとのコミュニケーションを楽しむことができるようになっています。

犬や猫もペットとして人気ですが、それとまた違った喜びを与えてくれる、新しい存在として期待されます。

また、ロビの大きな特徴は、ただお店から買ってくるのではなく、自分で組み立てる、という点です。

デアゴスティーニ社の、定期刊行される雑誌に、毎号部品がついてきて、少しずつ組み立てる方式が採られていました。

初刊は2013年2月19日発売の「ロビ創刊号」です。「ロビ完結号」2014年7月29日に発売されました。初刊から1年半、総額は約14万となりました。

大人気になって、ロビの本体分の部品が完結した後、さらにロビの乗り物となる専用バギー「ロビクル」を組み立てるシリーズも発行されました。

ロビがくれる特別な体験

このように自分で組み立てるというのは、人によっては面倒に感じるかもしれません。

しかし人間とロボットとのコミュニケーション、関係性、ということを考えると、大きな意味があります。

つまり、ロボットの誕生に自分が関わる、自分が生み出す、という経験が出来るということです。

プラモデルや手作りジュエリー、料理などのように、自分で材料から組み立てたものには、ひときわ愛着が湧くものです。

ロビも、自分が部品から組み立てたことで、特別なパートナーに感じられるでしょう。

少し失敗してしまった所があっても、自分が頑張って作ったものは、個性として受け入れやすくなります。

自分が組み立てたロボットとのはじめての会話は、きっと忘れられない感慨をもたらしてくれることでしょう。

まとめ

ドラえもんの映画「のび太の鉄人兵団」や、「スターウォーズ」等では、主人公がロボットを自分で組立て、しかも完成したら会話ができるというシーンが有ります。

映画で見た夢のシーンを再現できるのも、ロビとの素晴らしい思い出になるでしょう。

ロビは、まさに未来を体験させてくれるロボット、かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする