ロボット教室の口コミは?やっぱり通う?それともやめる?

kids
ロボット教室を検討している保護者の方にとって気になるのが口コミではないでしょうか。値段が値段だけに、慎重になってしまうのもわかります。

本当に通わせてよかったのかどうか、子どもはどう思っているのか、すでに通っている人たちの口コミが知りたいですよね。

この記事では、よい口コミ、否定的な口コミの両方を紹介しますので、検討の材料にしていただければと思います。

ロボット教室のよい口コミ

こども
  • だんだん難しいものを作れるようになるのがうれしい
  • しくみがわかるのが楽しい
  • 動くロボットを作れるのが楽しい
  • 色んな構造を学べるのが楽しい
  • キットを使うのでなく自分で考えたロボットも作ってみたくなった
  • うまくいかないときもあるけど、よく観察して原因を見つけてやり直してる
保護者
  • 家電を開発したいなどの将来の夢を話してくれるようになった
  • 時間内に作り終えられないこともあるが、やめずに最後まで完成させているところを見ると、面白いのだと思う
  • 理数が苦手だったが理科に興味を持つようになった
  • 非常に良い経験になった、創造力がついた
  • よそ見もしないで集中している我が子を見て驚きました
  • 集中力がついて落ち着いてきた、物事にかかわる姿勢が変わってきた

ロボット教室の否定的な口コミ

こども
お子さんによる否定的な口コミを見つけることは出来ませんでした
保護者
  • 高価すぎて我が家ではとても無理
  • 同じ金額をかけるならカスタマイズできるミニ四駆や学研のからくりメカキッドとか電子基板なんかを都度購入したほうが好きなものを好きなだけ作れる
  • レゴのロボットキット(マインドストーム)を家庭でやったほうが能力が伸びるのでは
  • 大会でいい成績を出すと全国大会のためにさらなるお金がかかるので注意
  • 同じ教材でも教室や講師によってレベルが違いすぎるのが気になった

ロボット教室の参加風景と開発者の思い

悩めるあなたへ、ロボット教室を体験しているお子さんの動画を紹介しますね。教室風景を覗いてみてください。

小さな部品を組み合わせて設計図通りに組み立てる、何度も繰り返しこうした作業を行っていくことで養われるもの確かにあるでしょう。でも、プラモデルと何が違うの?と思うかも知れません。

そこで最後に、ヒューマンアカデミーの教材を監修したロボットクリエイターの高橋智隆氏が教材開発にかけた思いを語っている動画を紹介します。

世界が注目するロボット開発者の高橋智隆氏は、ロボットの道に進まなくても空間把握能力を身に着けることは有利になると語っています。

参加者のお子さんが感想を語っている映像も含まれているので、ぜひ動画を見てみてくださいね。

まとめ

口コミを探していく中で、小学生や中学生ではロボットを作る知識に乏しい、という意見もありましたが、どこまでやるのか、どこを基準にするかにもよるかと思います。

子供の頃にピアノを習ったからと言って全員がピアニストになるわけでもありませんし、ソロバンに通っていたから大人になっても計算が得意、と言う人もいますよね。小さいころの習い事が本人の人生にどう影響を与えるか、それは誰にもわからない事です。

やはり最後は、好きなことを伸ばしてやりたい、色々な経験をさせてあげたい、という親心なのではないかと思います。

あとは一番大事なところ、フトコロ具合との兼ね合いですね。ロボット教室は料金が高いので、どの保護者にとっても費用は頭の痛いところです。ただし、我が子の習い事のために無理をしてまで通わせる必要はないと思いますので、各家庭で十分に検討なさってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする