芝浦工大のロボット教室がママ達の口コミで人気の理由


ロボット教室といえばヒューマンアカデミーやレゴが有名ですが、実はママさんたちの間で本当に口コミで人気があるのはこれら大手企業が行っているロボット教室ではありません。

予約がとれないほど秘かに人気を集めているロボット教室、それは芝浦工大が開催しているロボット教室なのです。

芝浦工大のロボット教室とは?

芝浦工大のロボット教室とは、芝浦工業大学が年間を通じて開催しているロボットセミナーのことです。

小中学生を対象に2000年から開催されている歴史あるロボット教室となっています。

前期と後期の2期に分かれて募集されており、毎回応募者多数のため抽選が行われています。

何度か応募してやっと抽選に受かるという状況で、非常に人気の高いセミナーとなっており、一部のママ達の間では「ぜひ子供に受けさせたい」と口コミで有名な存在です。

なぜ芝浦工大のロボット教室が人気なの?

人気の理由はやはり大学が主催するセミナーであり、本格的な教育が受けられるという期待があるからのようです。

大学教授の講義が受けられ、現役の大学生から指導を受けることが出来るという点も、芝浦工大ならではで、他では体験できないものとなっています。

ロボットセミナーの内容は約300部品ものパーツからなる芝浦工業大学のオリジナルロボットを製作するというものです。

最終日には発表の場としてデザインコンテストと競技会が執り行われます。

この日を目指して子供たちはそれぞれのロボット作りに励むのです。

競技会は自作のロボットでものを運ぶレースとなっており、いかに正確に早くものを運ぶかという実用性と、デザイン性を追求したデザインコンテストでの評価もあり、創意工夫が試されるものとなっています。

入賞者は全国大会出場権を手に入れますので、親子ともども熱が入ります。

このようにモノづくりの基礎を実地で学べるという点が親御さんからも高い人気を集めている理由です。

どうすれば参加できるの?

芝浦工大のロボットセミナーは、全国各地(東京、埼玉、新潟、大阪、福岡)の会場で行われているので、お近くの会場を探して申し込みをしましょう。

芝浦工大の公開講座のホームページに詳細が載っており、そこから申し込みをすることが出来ます。

ロボットセミナーは2~3日間の構成になっており、各会場で内容や受講料が異なりますので注意してください。(5000円~16000円)

申込の締め切りは開催日の約1か月前となっています。

全国で毎月1回程度しか開催されないため、貴重なセミナーとなっています。

そのため狭き門となっていますが、もし抽選で漏れてしまっても、めげずに次回開催をチェックし申し込んでみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする