テレノイドとはどんなロボット?認知症ケアの取り組みとは?


テレノイドとは、一言でいうと抱っこして会話する人型アンドロイドです。

見た目がとても特徴的で、怖い、気持ち悪い、スケキヨみたい、ともいわれていますが、中にはかわいいと感じている人もいるようです。

まずはその個性的な見た目を動画でご覧ください。

いかがですか。

インパクト絶大ですよね。

赤ちゃんくらいの大きさで、顔は真っ白。

手足があるようでない・・・。

このテレノイドは何のためのロボットなのか?なぜこのような見た目をしているのか?気になるところをまとめました。

パッと見この外見が苦手な人も、最後まで読めばきっとテレノイドのことが好きになるはずです。

テレノイドとは

テレノイドは対話をするためのアンドロイドとして開発されました。

開発者はロボット研究の権威と言われる石黒浩教授です。

タレントのマツコ・デラックスさんと共にテレビ出演をされたこともあるので、マツコロイドを作った人、言えばわかる人もいるかも知れません。

テレノイドは自分で喋るロボットではなく、遠隔操作で別の場所から人が話し、テレノイドを通じて利用者と対話をします。

顔だちがあえて性別・年齢不詳になっているので、誰の声でしゃべっても違和感がありません。

また、抱っこしたときにどんな体格の人でも目が合うように調節できるようになっています。

さらに、人の体になじむようにカーブした立体感なので自然な抱き心地になっています。

テレノイドは相手の顔を見て、目を合わせて、口が動く、声がする、返事する、顔の向きが変わる、といった立体的なコミュニケ―ションを実現します。

パッと見の外見はとても怖いのですが、対話として人が認識する要素を極限の形にした結果と言えそうです。

テレノイドが認知症ケアでできること

テレノイドは認知症の方々のケアに利用され、注目を集めています。

2017年8月には株式会社テレノイド計画による「テレノイドケア」サービスの提供が開始されました。

重度の認知症の方や自閉症の方とのコミュニケーションのために介護施設などでサービスを行っています。

専任のコミュニケーターがテレノイドを通じて会話をするのですが、子供の声色になってテレノイドが喋るので、認知症の方は本当の子供だと感じる方が多いそうです。

テレノイドに自分から話しかけたり、笑ったり、一緒に歌ったりと、表情豊かにテレノイドと対話を楽しむと言ったことができるようになると言います。

今まで人に対して無関心だった人が、積極的に会話をするというのは物凄いことではないでしょうか。

テレノイドは介護を効率化させるためのロボットではありません。

むしろ、介護士施設の職員にとっては仕事がふえることになります。

しかし認知症の方の情緒安定や幸福度の向上につながるということで、このサービスは今後ますます普及していくのではないでしょうか。

テレノイドはあの見た目だからこそ、男にも女にも、子供にも大人にも見え、誰にでも似ている。

ニュートラルだからこそ、誰にとっても自分の想像で感情移入しやすいということだったのですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする