トヨタ自動車がリハビリ支援ロボットを2017年秋に事業化すると発表


トヨタ自動車が、リハビリ支援のロボットを2017年秋に事業化すると発表しました。

トヨタ自動車は少子化に備えてロボット事業で社会貢献をするという「パートナーロボット」という構想を打ち出しています。

自動車メーカーとロボットは一見、畑違いのように思われますが、トヨタ自動車は1980年から産業用ロボットの導入を行っており、ロボット開発も積極的に行ってきました。

その一つとして今回発表されたのは、歩行のリハビリテーションをサポートするロボットで「ウェルウォークWW-1000」というものです。

ウェルウォークWW-1000とは?

どのようなリハビリに使われるかというと、脳卒中などの病気で下肢麻痺が起こり歩行が困難になった人が、再度歩行を身に着け自然に歩けるようになることを、このウェルウォーク WW-1000が支援します。

このロボットの構成は、脚に装着するロボット脚本体と、モニターシステム本体となっています。

ロボット脚本体を人が体に装着し、モニター付きのジムのようなシステムの中に入って実際のリハビリを行っていきます。

様々な数値を段階を追って調整し何度も同じ動きを繰り返せるロボットの特性が活かされており、リハビリを受ける側も具体的かつ緻密に自分の動きが確認できることで、リハビリの意欲につながっていることが動画からもよくわかります。

これらの難易度の調整やフィードバック機能は運動学習理論に基づいたもので、様々なリハビリ支援機能を備えています。

臨床現場での使いやすさも追及されており、装着は簡単、タッチパネルで一括操作など、シンプルな機能と構造になっています。

脳卒中患者は日本だけでも年間約30万人と、非常に多くの人がかかる病気であり、多くのケースで下肢の訓練が必要になると言います。

ロボットを使うことでリハビリの効率は1.6倍も早くなっているそうです。

ウェルウォークWW-1000のレンタル費用は?

「ウェルウォークWW-1000」は2017年9月より医療機関へのレンタルが始まります。

費用は月額35万円(税込み)で、100万円の初期費用が必要になります。

トヨタ自動車によると、3年間で100台の導入を目標としているそうです。

臨床研究では全国23施設300人が利用した結果、下肢の機能回復が期待できるとの判断で医療機器の承認を取得し、今回の事業化の運びとなりました。

トヨタ自動車における医療・介護分野での初のロボット実用化となり、先々は海外展開も検討しているそうです。

この歩行アシストロボットのほかにも、バランスの練習をアシストするロボットや、移動ケアロボット、対話型ロボットなど様々なロボットの開発を行っています。

自動車が売れなくなっているこの時代にトヨタ自動車が見据えている未来はパートナーロボットという構想のなかに描かれているようです。今後も注目したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする