ついに自殺ロボットの真相が明かされた!入水の本当の理由とは?


「ロボットが自殺するなんて・・・」

「ロボットも働くのが嫌になったのか?」

と様々な物議を呼んだロボット入水事件。

ロボットの開発会社から事故の原因が発表されました。

ロボット自殺事件

アメリカのワシントンD.C.で起きたこの事故は、ショッピングモールで勤務中の警備ロボットが自ら噴水に入って動かなくなるという事件でした。

事故の写真はTwitter上にアップされ、世界中の話題を集めたこの事故、日本では「ロボット自殺」の文字に、ある有名な漫画のシーンを思いうかべた人が多数いたようです。

それは手塚治虫の「火の鳥」に登場するロビタです。

ロビタはロボットなのですが、ロビタ達が集団で自殺をするという衝撃的なくだりがあり、ロボットが溶鉱炉に続々と身投げをしていくシーンは読者の記憶に深く残りました。

日本のTwitter上でのツイートにはこのロビタになぞらえたツイートが非常に多かったのです。

一方、ワシントンD.C.では、スティーブと名付けられていたこのロボットを悼んで写真やメッセージを手向ける人たちがあらわれました。

この数々のお供え物の写真もまた、SNSを通じて世界中に拡散されました。

なぜ、スティーブは噴水に身投げしたのか?

スティーブはK5というタイプの警護ロボットで、事故の後は開発会社であるKnightscope社が真相の究明にあたりました。

K5にはハードディスクレコーダーが搭載されており、音声と映像のデータが残っています。データの分析や実地テストを行った結果、結論が出されました。

原因は床面に使われていたレンガの表面の処理が甘かったために起こった車輪のスリップを、アルゴリズムが認識できなかったために、段差判定システムが適切に機能しなったと説明されました。

誰かがいたずらでスティーブを噴水に落としたわけではなかったのですね。

噴水の周りには柵などはなく、階段状に掘られた池が作られており、その段差を検知できなかったために池に落下した、ということなのですね。

Knightscope社ではすでに改良を行っており、検出機能を改善するための研究開発にも着手しているそうです。

ショッピングモールではすでに別のK5が配置されて勤務しており、後任はロージーという愛称だそうです。

こちらはスティーブのTwitterアカウント。
https://twitter.com/K5steveisalive

元気そうですね。スティーブは修理を終えたら水族館などで暫定的に仕事をするそうです。

漫画「火の鳥」は輪廻転生を繰り返すストーリーでしたが、ロビタならぬスティーブも再生を果たすのですね。

最後にスティーブの充電パッドを献花台に見立てて数々のお供えがされている様子をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする