ご当地ゆるキャラは人口知能搭載のAIロボットに進化する?!


日本の各都道府県で続々と誕生したご当地ゆるキャラ

全国的な知名度を誇るくまモンのように突出した人気を誇るゆるキャラもいて、その経済効果ははかり知れません。

各地で人気のゆるキャラを生み出そうと様々な取り組みがなされています。

今日はそんなゆるキャラのなかでも、ロボットとして作られた「ロボキャラ家康くん」を紹介したいと思います。

静岡県浜松市で生まれた「家康くん」

「出世大名 家康くん」は静岡県浜松市のご当地キャラなのですが、もうひとつの家康くんとして民間会社によって制作されたのが「ロボキャラ家康くん」です。

この「ロボキャラ家康くん」を作っているのは地元の企業である株式会社エム・エス・ケーさんです。

自動車やバイクに使う新しい部品を試作したり、金属部品などをメーカーから請け負っている会社で、浜松商工会議所がロボット産業創成研究会を立ち上げたときに、社長の松浦氏にロボット制作の白羽の矢が立ちました。

松浦社長はもともと板金の仕事をされていたそうですが、3Dプリンターに目を付けて技術を付け、現在はあらゆるものを3Dデータに起こして試作することが出来るという自称「試作屋」さんです。

「ロボキャラ家康くん」の制作にあたっては松浦社長をはじめ、地元の企業が協力し合ってわずか3か月で試作機を完成させたというのですから、その情熱たるやすごいですよね。

「ロボキャラ家康くん」は試作機だった1号機に続いて2号機が近く発表される予定で、年内には人工知能を入れたAIロボットへとさらに進化する予定とのこと。

個性豊かなご当地ゆるキャラに人工知能が搭載されたら、なかなか面白いことになりそうですね。

「ロボキャラ家康くん」はどんなロボット?

「ロボキャラ家康くん」がどんなロボットなのか気になりますよね。こちらの動画をご覧ください。

ロボットと言っても、ゆるキャラらしく可愛らしい見た目をしています。

体長は75センチと小さめで、重量20キロ。

ペッパーくんのように足のないロボットで、ボディは円盤のようになっており、リモコンでくるくる回転したり自在に動き回ることができます。

音声はいかにもロボットと言う感じの電子音ですが、この声は進化するのかどうか気になるところです。

人工知能が搭載されたら、多彩なおしゃべりができるようになるのでしょうか。

キャラクターロボットが新ビジネスに?

「ロボキャラ家康くん」はすでにゆるキャラグランプリに参加しており、子供たちからも好感触を得たようです。

株式会社エム・エス・ケーさんでは、今後いろいろなキャラクターをロボットにする「ロボキャラ」ビジネスを視野に入れているそうです。

「大量に生産するロボットは大手にまかせればいい。独創的なロボットを作ることが生き残る道」という松浦社長の言葉に、強い地元愛と明るい展望を感じた次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする