現役子育てママが選んだ人気プログラミング教室10選を徹底チェック!

puroguramingukyousitu

2020年から小学校で、本格的なプログラミング授業が始まります。「必修化後の授業に乗り遅れたらどうしよう……」

そんな不安を抱えるパパママ、そして子どもから、大人気となっているのが、小中学生向けのプログラミング教室です。

  • プログラミング教室に向いているのはどんなタイプ?
  • プログラミング教室はどこがおすすめ?

今回は、皆さまと同じ子育てママが、厳しい目線で細かくチェックを行いました。その結果、ここなら間違いない!と確信したおすすめ教室10校をご紹介していきます。

プログラミング教室に向いているタイプをチェック!

教室数が増え続けているプログラミング教室ですが、
「プログラミング教室とロボット教室、どちらを選んだら……」
と悩んでいるパパママも多いかと思います。

プログラミング教室とロボット教室は、子どもの性格や興味、年齢に合わせて選ぶのが重要です。まずは、プログラミング教室に向いている子どものタイプを、チェックしてみましょう。

年齢が小学校高学年以上

小学校高学年になると、パソコン室を利用する機会が増えてきます。
プログラミングを学ぶ前に、基本操作を覚える必要があるため、パソコンに慣れるためにもプログラミングへ通ってみましょう。

パソコン操作は、中学、高校とずっと必要になっていきます。
最近はスマホが普及したことで、
「新入社員がパソコンを使えない……」
といった悩みを抱える企業が増えていますが、プログラミングを通じて、自然な形で慣れておけば、就職後も安心です。

逆に、高学年であっても、
「パソコンに苦手意識を持っている……」
という場合は、遊び感覚でスタートできるロボット教室がおすすめです。
年齢だけで判断するのではなく、子どもの性格も考慮しながら選択するようにしましょう。

頭を使うゲームが好き

ブロックや積み木などの手先を使う遊びよりも、ボードゲームやカードゲームなどの頭を使う遊びの方が好き、という子どもの場合。プログラミング教室へ通わせることで、どんどん才能が開花するでしょう。

このタイプの子は、図工に苦手意識を持っている場合が多いのですが、プログラミング教室へ通うことで、自分の頭に思い浮かべた光景を再現できた!という成功体験を積むことにもつながります。

器用じゃなくても絵が描ける、キャラクターを動かせる、ゲームを作れる、といった自信がつくことで、自己肯定感がぐっとアップするでしょう。頭脳派の子どもに特技を持たせたいなら、プログラミング教室が向いています。

自宅にパソコンがある

自宅に子どもが自由に触れるパソコンがある場合、プログラミング教室で学んだことを、いつでも振り返ることができます。

特に学び始めの頃は、パソコンに夢中になるため、中古パソコンで構いませんから1台用意してあげると良いでしょう。

また、自宅用パソコンがあれば、教室のものとは別のプログラミングソフトを、個人的に用意し、幅広い学びへ活用できます。パソコンがある(もしくは購入できる)環境で、パソコンを操作できる年代であれば、プログラミング教室を検討してみましょう。

子どものタイプを考えた結果、ロボット教室の方が向いていそうな場合は、人気ロボット教室10選の記事も参考にしてみてくださいね。

現役子育てママが選ぶおすすめプログラミング教室10校を紹介!

それでは、いよいよ人気のロボット教室をご紹介いたします。
教室によってそれぞれ特徴があるため、体験授業や教室見学へ積極的に参加して、子どもにぴったりのスクールを探してみましょう。

第1位!ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

athuman.

https://kids.athuman.com/robo/programming/

まとめ

  • 入会金 10,000円
  • 月謝 9,600円
  • 初期費用 2,000円
  • 対象年齢 小3~
  • 教室数 200校以上
  • 授業数 月2

全国1400校を誇るロボット教室運営でも知られるヒューマンアカデミー。
ロボットだけでなく、本格的なプログラミング教室も全国に200校以上展開されており、その数は今なお増え続けています。

ヒューマンアカデミーのプログラミング教室は、可愛いキャラクターや分かりやすいテキストが用意されている点が特徴です。途中で挫折することなく、楽しく学び続けられる点が支持されています。

多くの小学校で採用しているスクラッチソフトを中心に学習していくため、プログラミングの授業がスタートした時すっと馴染めるでしょう。

全国展開しているヒューマンアカデミーだからこそ、手ごろな価格で通える点も大きな魅力。習い事はさせたいけれど、あまりお金はかけたくない……という家庭でもヒューマンアカデミーのこどもプログラミング教室なら安心です。

「子どもがプログラミング教室に馴染めるか心配……」
という家庭も、受講前に教室見学や体験授業が用意されていますので、まずは人気ナンバー1教室の雰囲気を確かめてみましょう。

ヒューマンアカデミー公式サイト

第2位!Tech Kids school(テックキッズスクール)

Tech Kids school

まとめ

  • 入会金 0円
  • 月謝 19,000円
  • 初期費用 2,000円
  • PCレンタル代 6,000円
  • 対象年齢 小2~小6 中学生以降はLife is Tech!mへ移行
  • 教室数 25校以上
  • 授業数 月3回

テックキッズスクールは、サイバーエージェントが運営しているプログラミング教室として注目が高まっています。月謝はお高めですが、パソコンの持ち込みができる、月3回の充実した学習環境といった特徴があり、とことんプログラミングに向き合いたい子どもから支持を集めています。

独自のプログラミング検定やイベントなども行われていて、やる気を生かす場が多い点もテックキッズスクールならでは。プログラミング授業対策として、ではなく、本格的なプログラミングやアプリ開発に携わりたい子どもには、特におすすめのスクールです。

近くに教室がない場合は、オンラインで学べるコースも用意されています。
実際の教室と同じプログラムを低価格でかつ、自分のペースで学べるというメリットがある反面、子どもが興味を持たなかったり、親が教えられなかったり、という場合はそこで終わってしまう可能性もあります。

一人で黙々と集中するタイプや、親も一緒に学習を勧められる環境であれば、オンラインスクールも視野に入れてみましょう。

Tech Kids school公式サイト

第3位!STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)

star-programming-schoo

まとめ

  • 入会金 6,000円
  • 月謝 7,000円~12,000円
  • 月会費 2,000円
  • 対象年齢 小1~中3
  • 教室数 70校以上
  • 授業数 月4回

イオンやイトーヨーカドーなどの、ショッピングモールを中心に展開しているスタープログラミングスクール。買い物へ行った際に、教室を見かけたことがある、という方も多いのではないでしょうか?

子どもに合わせたコースが用意され、月4回ペースでしっかり学べるなど、プログラミングを習慣化したい家庭や、普段の買い物先に教室がある家庭などにはぴったりのスクールとなっています。

また、スタープログラミングスクールの大きな特徴に、ただ作業を行うだけでなく、企画書作りからプレゼンまでがレッスンに含まれるという点があります。逆に、人前に出るのが苦手……という子どもの場合は、別スクールの方が良いかもしれません。

プログラミング脳だけでなく、子どもに自主性や積極性を伸ばしたい方は、無料の説明体験会や、教室見学へ足を運んでみましょう。見学や授業体験参加者は、入会金が半額になるキャンペーンも実施されています。

STAR Programming SCHOOL公式サイト

第4位!Swimmy(スイミー)

swimmy

まとめ

  • 入会金 10,000円
  • 月謝 12,000円
  • 対象年齢 小学校低学年~高校生
  • 教室数 1校
  • 授業数 月4回

都内が通学可能エリアで、スクラッチよりももっと深いプログラミングに触れさせたいと考えているなら、高田馬場にあるスイミーを候補に入れてみましょう。カリキュラムは東京工科大学メディア学部が監修、現役大学講師がメンターをつとめるなど、ハイクラスな授業が受けられると人気があります。

「内容が難しそう……」
と感じるかもしれませんが、プログラミングにありがちな英語の羅列で挫折しないよう、人気のマインクラフトでのプログラミングが可能です。その他に、小中学生のやりたい、楽しいを引き出すカリキュラムが多数用意されています。

1クラス最大4人の完全個別指導のため、周囲との差を気にすることなく学習できる点も選ばれているポイント! 地域は限られますが、ハイレベルな授業を希望している方は、無料体験への参加を検討してみてはいかがでしょうか?

Swimmy公式サイト

第5位!LiTALICOワンダー

LITALICO

まとめ

  • 入会金 15,000円
  • 月謝 月2回11,000円 月4回18,000円
  • 教材費 月2回1,000円 月4回2,000円
  • 教室運営費 1,500円
  • 対象年齢 小1~高校生
  • 教室数 15校以上
  • 授業数 月2回or月4回

一人ひとりの個性に合わせた、丁寧な指導で知られるLITALICOワンダー。
月2回、月4回のどちらかから、好きなペースを選べるため、子どもの希望に合わせた通い方ができるでしょう。

教室は東京都と神奈川県で展開されていて、2019年も新教室が続々オープンしています。今は近くに教室がない方も、今後増えていく可能性があるため、興味がある方は定期的にチェックしてみましょう。

プログラミングコースは「ゲーム&アプリプログラミングコース」となっていて、ゲームが好き、ゲームを作ってみたい、という子どもには特に人気があります。基本のスクラッチから、上級者向けのXcodeまで、実力に合わせて学べるため、ゲームからプログラミング脳を育てたい方は、無料体験授業を覗いてみてください。

LITALICOワンダー公式サイト

第6位!SMILE TECH

SMILE TECH

まとめ

  • 入会金 0円
  • 月謝(チケット制)別途運営費1回500円の運営費が必要
  • 1回チケット 3,000円
  • 6回チケット 16,800円
  • 12回チケット 30,000円
  • 24回チケット 55,200円
  • 対象年齢 小3~中3
  • 教室数 30校以上
  • 授業数 チケット制のため自由選択

埼玉県を中心に、全国的なイベントも数々開いているSMILE TECH。イベント参加者は30,000人を超えるなど、人気の教室となっています。

プログラミングコースが多い点も、SMILE TECHの特徴です。スクラッチやマイクラっちなどでプログラミングの基礎に触れながら、最終的にはアプリ開発を行うコースまで、幅広く用意されています。

チケット制のため、“通いたい時に通いたいだけ通える”というメリットもあります。まとめ買い割引がありますので、数回通って続けられそうなら、まとめて購入しておくとお得です。(各チケットには有効期限があるため、事前に確認しておきましょう)

現在は埼玉のスクールがほとんどですが、京都や大阪などFC教室が次々に増えているなど、今後目が離せない教室の一つ。近場にお住まいなら、教師や塾講師、幼稚園教諭経験者など、講師陣の質の高さには絶対の自信を持っているSMILE TECHを選択肢の一つに入れてみましょう。

SMILE TECH公式サイト

第7位!TENTO

tento

まとめ

  • 入会金 10,000円
  • 月謝 月2回7,000円~11,000円 月4回12,000円~20,000円
  • 対象年齢 小3~高校生
  • 教室数 10校以上
  • 授業数 月2~4回

個別指導や少人数指導のプログラミングが多い中、TENTOでは年齢や能力がバラバラな子も一緒に学ぶ、寺子屋方式が選ばれています。行っている学習は個別になりますが、近くに仲間がいることでやる気や安心感を得られるタイプの子には、ぴったりの教室となっています。

「子どもにきちんとタイピングを覚えてもらいたい!」
そう考えるパパママにもTENTOはおすすめです。入会初日からタイピング学習が始まるため、自然とパソコン操作が上手になっていくでしょう。

プログラマー経験がある講師が必ず1人は在籍、その他の講師もTENTO独自の講師研修プログラムやプログラミング教育についての知識を学んでいる人間ばかりのため、安心して任せられる点も魅力です。

寺子屋公式の雰囲気や、講師の質が気になったら、体験授業へ参加してみましょう。

TENTO公式サイト

第8位!Monoproキッズ・プログラミング道場

mono-pro

まとめ

  • 入会金 0円
  • 月謝 16,000円(ノートパソコンの用意が必要)
  • 対象年齢 小5~中学生
  • 教室数 1校
  • 授業数 月4回

東京都文京区にあるMonoproは、UnityやC#を使用してゲームを作ることができるプログラミング教室です。学校の授業対策向けというよりは、自分で新しいものを作ってみたい、という子どもの願望を叶えるタイプのプログラミング教室となっています。

難易度が高そうに感じられますが、ちゃんと初心者からスタートできる内容になっていますので、小5以上で一般的なプログラミング教室では物足りなかった……という場合は道場を訪ねてみましょう。

教室見学は随時行われていますが、人気の教室のため受講できるコースが限られている状態です。席に空きができ次第、募集が始まるため、気になる時間帯があれば、教室見学の際に希望を申し出ておきましょう。

Monopro公式サイト

第9位!CoderDojo(コーダー道場)

CoderDojo

まとめ

  • 入会金 0円
  • 月謝 0円(ノートパソコンの準備が必要)
  • 対象年齢 7歳~17歳
  • 教室数 180校以上(世界1800校以上)
  • 授業数 自由参加

2011年にアイルランドでスタートしたCoderDojo。
その人気は年々高まり、今では全世界で1800校以上、国内でも180校以降が開かれています。

人気の理由はなんといっても、無料でプログラミング学習ができる点。
ノートパソコンや付属機器さえあれば、参加したい時に自由に参加し、必要に応じてメンターの指導を受けることが可能です。

「自分のペースでプログラミングを学びたい!」
という子どもには願ってもいない環境ですが、カリキュラムにそって一つひとつ学びたい子どもの場合は、何をして良いか分からず戸惑ってしまう場合も……。

開講日や使用するソフトが各教室によってバラバラのため、まずは近くにどのような道場があるのかチェックしてみましょう。講師もボランティアで運営していることもあり、日本国内では主に、月1回程度開講されている教室が多いようです。

CoderDojo公式サイト

第10位!アビバキッズプログラミング

aviva-kids

まとめ

  • 入会金 5,000円
  • 月謝 小学生8,100円 中学生9,100円
  • 対象年齢 小4~中学生
  • 教室数 110校以上
  • 授業数 月4回

全国展開されているアビバ。手ごろな価格で学べる、子ども向けのプログラミング教室も年々数が増えてきました。

老舗パソコン教室としての実績を生かし、スクラッチやオフラインエディターを利用したプログラミングだけでなく、ペイントやワード図形、タイピングなど幅広い指導が受けられる点も人気があります。

ジュニアプログラミング検定にもチャレンジできるため、試験に合格することでモチベーションが上がるタイプの子どもに向いているでしょう。

1点、アビバキッズの多くはフランチャイズです。パソコン教室として長年実績のある講師から、個人宅で開講している講師までレベルが様々のため、必ず無料体験で雰囲気を確認しておきましょう。

アビバキッズでは、2017年に人気ナンバー1講座となった、全4回9,800円の短期コースも用意されています。アビバキッズに興味を持ったら、最初はこの短期コースを受講してみるのがおすすめです。

アビバキッズプログラミング公式サイト

まとめ

2019年大注目のプログラミング教室。気になるスクールが見つかったでしょうか?

通いやすさ、使用ソフト、講師の質、子どもの性格などを考慮しながら、最適な教室を見つけてあげてくださいね。

今からスタートしておけば、2020年のプログラミング必修化の際に、大きな自信を持つことができます。子どもから「できた!」「できる!」の笑顔を引き出せるプログラミング教室で、将来に備えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です